マルチ商法にハマっている彼・彼女との結婚をどう考えるべきか?

ひとりごと

長くつき合ってきた彼・彼女とそろそろ結婚を・・・と考えるのは本来ならとても喜ばしいことですが、

彼・彼女がマルチ商法にハマっている場合、将来のことを考えると「本当に結婚してもいいんだろうか?」と疑問を持つことはとても自然なことだと思います。

大好きな彼・彼女と結婚したい。

マルチ商法をやっているのはイヤ!!と言ってもやめてくれない。

結婚するべきか別れるべきか、どっちの気持ちを優先すればいいのかわからず悩んでしまいますよね・・・。

この記事では、私が10年以上ビジネス活動してきた経験から、マルチ商法をやっている彼・彼女と結婚したらどんな問題が考えられるかをお伝えします。

最終的に結婚するかしないかはご本人の判断になりますが、多くの問題が予想されることを知っていただければと思います。

※あくまでも私の主観ですので、結婚を絶対にやめたほうがいいというものではありません!!

スポンサーリンク

考えられる問題点

結婚して一生を共に過ごすパートナーがマルチ商法にハマっているのはとても不安だと思います。

マルチ商法の全貌がわからない方ならなおさらです。

幸せな家庭を作るはずが毎日ケンカばかりで離婚・・・なんてならないように、予測される問題点をあげていきます。

活動時間の問題

マルチ商法にハマってしまうと、ほとんどの時間を活動時間に当ててしまいます。

▶主な活動◀

・勧誘するための時間
・勧誘する人を探す時間
・セミナー・ミーティングへの参加
・イベントへの参加
・アップやグループの人とのやり取り


彼・彼女がサラリーマンなら仕事が終わってからの時間やお休みは全てマルチ商法に捧げられ、家族と過ごす時間なんてありません。

(私は主婦でしたが、マルチ商法にハマってから家事がおろそかになっていきました。)

結婚する前も「今日はセミナーがあるから会えない」「明日はイベントがあるから会えない」と、なかなか会う時間がなかったのではありませんか?

結婚して一緒にいられる時間が増えると思ったら大間違いです。

お金の問題

結婚すると何かしらお金の問題がでてくるのに、マルチ商法をやっているとなると普通以上にお金の問題が出てきます。

▶主なお金の使いみち◀

・商品代
・セミナー・イベント代
・勧誘時のお茶代
・交通費
・その他交際費
・稼いでいるように見せるための物品・体験代

いわゆる普通に暮らしていたら使わない金額を、マルチ商法にハマってしまうとお金を湯水のごとく使ってしまいます。

高額商品を購入して家計が圧迫されることも多々あります。

お金の感覚がマヒしてしまうんですね・・・。

自己投資だの、先行投資だのと言ってお金を使うことをやめません。

貯金が底を尽きるだけならまだいいのですが、知らない間に借金をしているケースも少なくありません。

子供が出来たときの問題

子供が出来ることは嬉しいことですが、活動している時間は授けっぱなしになってしまったり、家に帰ってからも電話やメール・SNSの更新ばかりでまともに向き合うことが出来ません。

(実際に私も海外旅行と子供のイベントが重なった時、海外を優先してしまいました。)

家族旅行の予約をしても、イベントが重なればマルチ商法優先になってしまいます。

マルチ商法はビジネスだから仕方ない・・・ということですね。

子供が大きくなって結婚となった場合、親がマルチ商法をしているというのはマイナスになりがちです。

私は子供が大きくなるまで気に留めていませんでしたが、親がマルチ商法をやっているというのは大きく関わっていると思っています。

社会的評価の問題

「マルチ商法をやっています!」と言ったときの世間の反応はどうでしょう?

世間から見たイメージは最悪ではないですか?

イメージが悪い悪徳ビジネスを夫や妻がやっているなんて口が裂けても言えませんよね。

それなのに、近所の人やママ友に妻が勧誘したらどうでしょう・・・

「あそこのおうちに遊びに行ったら勧誘されるよ!」と噂をされ避けられてしまうかもしれません。

どんなにマルチ商法にハマっている人が「いい情報を教えてあげたい」と思っていても、どんなにマルチ商法で稼いでいても(ほとんど稼げないけど)、社会的な評価は厳しく信頼されないということです。

友人・親に言えない問題

彼・彼女の仕事はマルチ商法です!と大きな声でいえる人は少ないと思います。

ビジネス会員でさえマルチ商法と言わず「社会貢献」だの「日用品を扱う仕事」だのと言っているくらいです。

自分の親もマルチ商法をやっているのなら抵抗はないかもしれませんが、ほとんどの親は心配(又は反対)するのではないでしょうか?

私はマルチ商法を熟知しているので、もちろん猛反対です!!!

彼・彼女がマルチ商法をやっていて自分はやっていないのに「勧誘されるかもしれない」と自分の友人たちから避けれてしまう可能性もあります。

マルチ商法をやっている人達は、あくまでも「相手のためにいい情報を教えてあげている」だけなので悪気がなく、どんなに勧誘しないようにお願いしても聞く耳を持ってくれません。

結婚式や親戚が集まるときに勧誘したということも多くありますから、知らない間に信頼関係を崩されてしまいかねませんね。

不倫問題

会社に勤めていても不倫する人はいますが、マルチ商法はより不倫に発展しやすい環境だと思います。

・同じ志(成功)を持っている
・四六時中一緒にいる
・頻繁に連絡をとっている
・飲食を共にする時間が多い
・マルチの集まりだと言って外出しやすい
・夜おそくまで一緒にいる

・何をしても褒めてくれる・認めてくれる関係

周囲からマルチ商法を否定されるので仲間とのつながりが深くなり、自分を理解してくれる人として依存しているため深い関係になるのは時間の問題だと考えられます。

私はたまたま男の人がいないグループだったので不倫とは無縁でしたが、他のグループでは不倫が原因でグループが崩壊しているところもありました。

グループ内だけではなく、勧誘するために街コンやマッチングアプリなどで知り合うケースもあります。

これは男性に限らず女性の場合も同じです。

よほど強い気持ちがないと、甘い誘惑に勝てない環境かもしれません。

結婚するための対策

どんなに問題点があっても、大好きな彼・彼女と結婚したいという方もいるかと思います。

どうせそのうち辞めるだろう・・・と思っているかもしれませんね。

うまくいかなくて目が覚めてくれればいいのですが、結婚してから問題が大きくならないように4つの対策をお伝えします。

対策その1【期限を決める】

マルチ商法の活動期間を、いつまでに結果が出なかったら辞めるという約束をします。

結婚式まででもいいですし、3ヶ月でもいいかもしれません。

1つ上のタイトルを取るという結果だと、無理してでも達成してしまうかもしれないので「月収10万円」や「3ヶ月連続で月収10万円」など、なかなか達成できない結果にするといいですね。

マルチ商法で安定して5万円を稼ぐのは至難の業です。

本人が「やっぱりマルチ商法はムリだ・・・」と思う方向に持っていけるといいですね。

対策その2【セミナー・イベントの参加回数を決める】

マルチ商法の洗脳を解く方法で「集まりに行かせない」のはとても有効です。

なので、1ヶ月間のセミナーやイベントなどの集まりに参加する回数を決めてください。

1週間に1回とか、1ヶ月に3回までとか、どうしてもいかなければいけない集まり以外は参加しないことを約束します。

対策その3【活動時間を決める】

マルチ商法の仲間に依存しているため、空いた時間をビジネス活動に当ててしまいます。

せっかく結婚しても一緒にいられる時間がないので、休みの日は活動しないとか、平日は夜9時までに帰ってくるなど時間を決めて守ることを約束します。

予定があいていたら無理矢理にでも予定を入れているだけなので、本当は言うほど忙しくありませんよ(笑)

対策その4【マルチ商法を辞める】

辞めてくれるのが1番ベストですね!!

辞めたら結婚する
辞めないなら別れる

という究極の選択もいいかもしれません。

ただたとえ辞めたとしても心配なのは、マルチ商法の洗脳が解けていないと今やっているマルチ商法を辞めるだけでまた違うマルチに手を出してしまう可能性があります。

マルチ商法を辞めたから安心と思わず、辞めたあとのケアをしっかりしてくださいね。

さいごに

ここまで私の主観ではありますが、マルチ商法をやっている彼・彼女との結婚についてお話させていただきました。

どの程度ハマっているかによって状況が変わってくると思いますが、今までマルチ界隈の人達を見て来た結果と私自身の体験から、考えられる問題をすべて上げてあります。

ちなみに私は結婚してからマルチ商法をやり始めましたが、やり始めてから3年後に離婚してしまいました。

仲間同士で結婚しても上手くいかないケースも多々あります。

結婚してから悲しい思いをしないためにも、是非1度立ち止まってよく考えて答えを出していただけたらと思います。

人生の選択を間違えず、あなたが幸せな人生を掴み取ることを願っています♪

お知らせ

こちらのブログでマルチ商法について書かせていただいていますが、100人いたら100通りのパターンがあるので伝えきれないことがたくさんあります。

ブログを読んでも解決しないことや、イマイチわからないこともたくさんあるかと思い相談窓口を開設しています。困っている方のお役に立てたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました