再生医療のマルチ商法ってなんだ??疑問がいっぱいだったので話を聞いてきました!

勧誘

昔もマルチ商法をやっていた知人に何年か振りに偶然会って「久しぶりにお茶しよう!」と誘われたので、また違うマルチ商法をやり出したのではないかと思い、新しいネタになるな・・・と喜んで行くことにしました(笑)

案の定、マルチ商法でした!!

といってもその場で勧誘されたわけじゃなく、勧誘するための前準備・・・要するに勧誘できるかの品定めということですね。

この記事では、久々に勧誘された「再生医療」のマルチ商法についてお話します。

典型的な勧誘パターンでしたが、ツッコミどころ満載だったので参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

勧誘する前にまずお茶をする

勧誘手口の定番ですが、私はマルチの話があると知りながら後日お茶の約束の場所へ行きました。

しばらくたわいもない会話をしていたのですが、その間中ずっと知人がソワソワしているんです。どうやって話を切り出そうかと考えていたんでしょうね・・・。

なので、「ところで、今何やってるの?何かやり始めたんでしょ?」と私から話を切り出すと、知人の顔がパッと明るくなって「今日は話す予定じゃなかったんだけど・・・。」と言いつつ、ちゃっかりバッグから商品とパンフレットを出してきました(笑)

そして最後に「〇〇日、すごい人が来るから詳細を聞いてほしい」と言われましたが、アップ抜きなら話を聞いてあげると言って、また後日話を聞くことにしました。

マルチ商法の話を聞いたのは自宅でした

いきなり特商法違反とは驚きです!!

でも、突っ込みたい気持ちをグッとこらえて話を聞くことにしました。

知人は始めに名刺を出し、動画をまず見てほしい・・・と、会社の動画を見せてきました。

動画の内容は「再生医療」「幹細胞」「若返り」「培養液」等の説明でした。

特商法違反は当たり前?

「毎回この動画をカフェで見せて話するの?」と聞いてみたら、なんと!!!

「カフェとかでは絶対にやらないよ!」となぜか自慢げに答えてきました。

えっっ??特商法を守りませんよって宣言してるけど大丈夫???

特商法すら知らないってことでしょうね。

報酬プランはバイナリーでした

動画が終わると、動画の内容についてはほとんど触れず、

「再生医療は2025年の大阪万博のテーマにもなっている」ことを強調して、最先端のビジネスだと謳っていました。

そして商材は「幹細胞培養液」のオイルと「HGF(肝細胞増殖因子)」を謳ったサプリメントの2つだけ。

ここから本題のビジネスの話になりました。

ざっとプランを説明します(1部表現を変えて記載します)

バイナリーは2つのライン(枝分かれ)になっているシステムです。

会員登録の方法

・コース①  オイル又はサプリ3個1セット  55,000円

・コース②  オイル又はサプリ9個=3セット  165,000円

コース②の3セットにすればビジネスに有利だとプッシュしてきます。

・オートシップ

毎月13,500円  オイル又はサプリ1個

(3セット購入すると、稼働させるためには13,500円✖︎3=40,500円が毎月かかります)

・ タイトルは5~6ランク

(1番下のタイトルは、1ヶ月20ポイント達成が条件です。タイトルが上がるごとに達成ポイントが増えていきます)

 

・直紹介の報酬

紹介者が1セット購入の場合→15,000円

(3セット購入なら45,000円。)

 

・バイナリーボーナス

直紹介2人以上出せば、下の組織のオイル又はサプリの販売本数✖1,000円

 

・特別ボーナス

直紹介2人以上1段あたり1,000円

3人以上     2,000円

4人以上     5,000円

7人以上    10,000円

 

・その他ボーナス

タイトルごとに、会社の全体の売り上げを獲得者数で分配

※全体の売り上げとは・・・

オイルやサプリメントだけでなく、その他の事業も含む総売り上げのこと。

 

その他の事業とは・・・

・マイクロチップ

・ショッピングサイト

・バーチャルクリニック

・再生医療

・その他?

(どれも実在しているのか疑問です)

覚えていることを箇条書きにしたので、わかりにくいかもしれませんね・・・。

なにせ、資料を全部持っていかれてしまったので違う部分もあるかもしれませんが、要するに怪しげな香りがプンプンするということです。

マルチ商法の常套句のオンパレード

プランを説明し終わると今度はお決まりのトークが始まりました。

・再生医療を必要としている人に届けたい

・入口は幹細胞培養液だけど、化粧品を売りたいわけじゃない

・あくまでも「再生医療」を広めることが目的

ハイ!出ました~~!

「自分たちはいい事をしている」という大きな勘違い!

だんだんと面白くなってきたので、ブラックな私は質問をしてみました。

質問その1  再生医療をなぜわざわざマルチ商法で広げるの?

※質問に対する答えがトンチンカンなところにもご注目ください!

赤字 → マルチ知人

細字 → 私の心の声

 「携帯電話も昔は高くて使えなかったでしょ?でも今は普及したから安くなって誰でも使えるようになったよね?だから、再生医療も今は1000万円とかするけど、自分たちが広めて普及すれば価格が下げれるんだよ!そうすれば、いろんな人の手に届くようになるからすごくない?」

は?????

医療費って携帯電話の料金と一緒???

まだまだ続きます。

「再生医療のことだけを伝えても興味を持ってもらえないから、幹細胞培養液を通して知ってもらうんだよ!」

何言ってんだか・・・

「集まったお金で再生医療の病院を全国に作るんだよ!」

はいはい・・・

「年金のこともあるし、仕事の提供もしてるから社会貢献だよね」

マルチ商法の人はみんな同じこと言うよね・・・

ってゆうか、なぜマルチ商法で広めるのかの答えになっていないでしょ!!

まあ、質問に明確な答えが返ってくるマルチ商法なんて存在しないから仕方ないですね。

質問その2  幹細胞治療って日本で認められてるの?

この質問に対する答えは吹き出しそうになりました!

「もちろん!!データもちゃんとあるよ!!」

そういいながら差し出した1冊の本のタイトルが・・・

肝細胞増殖因子(HGF)」

ん?「かんさいぼう」って読み方はあってるけど、漢字違うの気づいてないの?

いやいや、そっちじゃなくて「幹細胞治療」のことなんだけど・・・と何度聞き返しても埒が明かないので、めんどくさくなってツッコむのをやめました。

帰ってからネットで検索してみた

どうやら再生医療の提携クリニックで治療して暗号通貨で支払うと20%OFFになるらしいです。

そして、自社でヒト幹細胞を培養できるらしい。(しかも純国産!)

全身の再生医療が行える厚生労働省の認可がおりているクリニックを2つ保有してるとか・・・

自己脂肪由来幹細胞を用いた治療と症状寛解を目的とした治療をしているそうです。(私には難しい・・)

すごいと思わない?

何度も知人に聞かれましたが・・・

これを聞いてすごい!と思ったあなたがすごいわ!

どんなに耳を傾けてみようと思いながら聞いても、ただの妄想にしか聞こえてこないんですけど!?

私がマルチにハマっていた事を知っているのかわかりませんが、知人はかなり熱を上げている様子でした。

この報酬プランだと、もうすでにかなりのお金を使っていると思います。

だからこそ、知人は辞められないのかもしれません。

最後に・・・

マルチ商法は全く興味ないから、商品もいらないしビジネスもやりません!とにこやかにお断りして、最後に「でもこれってかなりお金がかかるね!大丈夫?」と聞いてみたら、無言になってしまいました。

結局最後までクーリンオフの事も伝えず、全ての資料(手書きしたものも)を撤去されてしまい、「また話聞いてね!」と言われて帰りました。

また聞いてね!もハッキリ断ってるんだからダメですよ!

帰る頃には2時間半も経っていて、本当に疲れました(*_*)

改めて外側からマルチ商法を見てみると、言動の全てが滑稽だとしみじみ思いました。

コメント

  1. m下 より:

    今日知り合いから幹細胞の話を聞いたのでネットで検索していたら、こちらのブログを発見したので興味深く読ませていただきました。

    同じ会社かどうかは分かりませんが似たようなことを言ってましたね(汗)

    やるつもりはさらさらないのですが、ネットワークビジネスの是非について調べていたところ、このようなブログ記事を見つけました。

    https://ameblo.jp/shirotamlm10/entry-12673413394.html

    ネットワークビジネスである理由がこのように書かれていたのですが、

    > 莫大な広告費・社員への給与費・販売所維持費というものは、とてもリスクがかかる商法です。

    確かに納得できなくはないなと思いました。この点に関しては、ネットワークビジネスをされていた夢子様はどう思われますでしょうか?

    • 夢子夢子 より:

      コメント&ブログを読んでくださりありがとうございます。
      添付していただいたブログを読んで思わず吹き出してしまいましたが、私もハマっていた時は同じようなこと言っていたので人のこと笑えませんね。

      ネットワークビジネスである理由ですが、販売員(会員)は商品を購入してくれて宣伝までしてくれる会社にとって都合がいい人たちです。なので、会社側は人件費も広告宣伝費もかかりませんよね。
      確かに記事に書かれている通り「ネットワークビジネス側からしたらリスクのない商法」になるでしょう。(本社には社員がいるし事務所の家賃や商品の配送料など、何かしらの経費がかかっているはずですが・・・)

      人件費や広告費などの省いて販売員に分配しているのは確かですが、売上に応じた報酬なのでどれだけ宣伝しても売れなければ0円です。でも販売員は、会員を獲得するため(売上を上げるため)に活動費や商品の購入などかなり経費がかかっています。

      会社は経費をかけず儲かるでしょうが、販売員はほとんどの方が儲からないのが現状です。

      ハマっている人たちは、セミナーなどで聞いた話を鵜呑みにして語っているだけですが、こちらに知識や考える力がないとダマサれてしまいますよね。

      m下さんは、ネットワークビジネスをやらない選択をされたので安心しました。

タイトルとURLをコピーしました